イシイアツコ&宮井譲

 

Atsuko Ishii / イシイ アツコ

私の作品は大きさにかかわらず、「personal reality show]という通しタイトル・テーマで

展開しています

日常のものごとが、ある一瞬出会ってまた別の場所へ移動していき、別の瞬間を別の物事と作る、ということを、版

画という複製できるメディアを通して(繰り返しでありながら

一枚一枚がオリジナルという特性が、なんだか「日常」にも似ています)作っています。

1995 渡仏 パリの銅版画工房 atelier contrepoint にて銅版画をはじめる

2002 パリ cite international des arts にて、銅版画作成

2006 モントルイユ市にアトリエ設立

現在 パリ在住

1996年より、フランス、スウェーデン、メキシコ、カナダ、日本、ベルギーなどでグループ展多数

1999年より フランス、日本、ドイツ、オランダ、ニューカレドニアなどで個展多数

モード(isabel marant,bon marche )出版(j'ai lu, ecole de loisir, BIBA )など コラボレーション多数

 

 

宮井 譲 : フレーム作家 ・ 額司、游游雅 主宰

単に作品の周りを囲む無機質な物と、認識されがちな額に存在感を与え、額も芸術の領域に入る事を目指し、確かな技術力と美意識の高い作品をつくる宮井の額は単なる額ではなく作品と反響し合い、溶けあい1つとなる。 - 略歴 - 2001〜2010 額匠雅土呂に弟子入り毎年師匠の額展に出品 2011 額司、游游雅を屋号として独立 2012 大阪現代画廊(絵手紙講師の母とのコラボ展)

京都ギャラリーf(ガラス絵作家とのコラボ展)

岡山ギャラリー幹(トンボだま、立体造形作家とのコラボ展) 2013 東京クロスロードギャラリーで個展

大阪レーベルカフェ(写真家12名とのコラボ展)

岡山倉敷アイビー学館(手作り作家50名と出品)

2014 spectrum gallery、大阪 2人展